アート引越センターを利用した方の引越ノウハウ

 

アート引越センターを利用した方の引越ノウハウ

 

アート引越センターで単身パックを利用した方にお聞きしたノウハウ特集です。

 

単身利用以外でも使える内容ですのでファミリー引越し等を検討中の方にもお役に立つこと間違いなしです!

 

 

見積り時の対応を要チェックした方が良いと思います

アート引越センターをはじめ、複数の会社の営業さんと話しました。

 

引っ越しは、まず見積もりの段階での営業さんの態度で大体その会社のレベルが分かります。

 

コツは「他社は値段いくらですか?」と値段ありきで話をする営業さんはNGです。

 

また過度なサービスにも注意。

 

例えば見積もりをして頂くと○○をプレゼントだけど、決めてくれたら特別にもう一個あげますとか…

 

こういうのもあまりよくないと思います。

 

しっかり自社の仕事にプライドと責任を持って丁寧に説明をして下さる方、また当日までにやっておくべき事をしっかり教えて下さる方の会社は信用出来ます。

 

あと、女性目線で言えば、やっぱりエッチな方はNGです。

 

見積もりをするふりをして部屋をじろじろ見てニヤニヤするような人はやめておいた方がいいです。

 

私も昔、経験があるのですが、おもむろにタンスを開けられ下着を見られてしまいました。

 

見積もり依頼の時には事前にタンスに「ここは下着です」とメモを貼り付けておけばいいかもしれません。

 

今回依頼したアート引越センターの営業さんは丁寧で、作業員の方も普通の方だったので良かったです。

 

ダンボールへの荷造りを一工夫する事でかなり楽に!?

ダンボールに荷物を詰めるのは自分でしましたが、部屋数は少なくともダンボール箱に名称など書いていても荷解きにはかなりの時間を使います。

 

アート引越センターの作業員はどこに置くかなどしっかり確認を取ってくれますが自分だけで荷物をだすときのことを考えると事前にしっかり準備をしておくことをお勧めします。

 

何処に振り分けするのかわかりやすいようにジャンルごとにダンボール箱に文字を書く時は色を変えていました。

 

そうすれば荷解きの場所を徹底して行えるのでうろちょろしなくて済ませることができるんです。

 

あとダンボール箱って大小でいただくことが多いかと思いますが重いものは小さな箱、軽いものは大きな箱に詰めたほうがいいです。

 

業者さんもそうですが後に自ら運搬するときに素早く作業ができるので。

 

あとかなり重い荷物はガムテープを1方向ではなく縦横など2方向以上留めておいた方が良いでしょう。

 

目印にもなりますし抜け落ちるといったトラブルも防げます。

 

地方の方必見

 

アート引越センターを利用した方の引越ノウハウ

 

地方住みの人は一括見積りのみに頼らない事

学生時代、長野県の田舎方面に住んでいた為、その時に感じたことを…

 

地方は一括見積もりで検索しても引っかからない業者が多いため、周囲の口コミやタウン誌に載ってる小さな引越しやに頼むと、かなり安く済ませられる。

 

軽トラ一台程度だと、そこまで値段がかからないので、物をなるべく減らして小さい業者に頼むのがコツだと思います。

 

私は、昔長野県に住んでいましたが、長野県だとダントツで赤帽さんが安いです。

 

ここの業者さんは、以前中学時代に、吹奏楽部に所属していた時、毎回の楽器運搬に利用していて

 

軽トラ一台に迅速に楽器を詰め込み、尚且つ楽器は壊れ物扱いなので、そういった点も配慮してくださり、毎回とても安心して任せることが出来ました。

 

中学の少ない部費でなんとかなるレベルで毎回利用できたので、こういった小さい運送業はとても助かります。

 

都内だと業者の数が多いので一括見積りの方が早いかもしれません。

 

(私は都内での引越は一括見積り後アート引越センターに決めました)