引越作業お役立ち情報

あらかじめ自分で準備できることは自分で準備しておくことをおすすめします。

 

たとえば、小さいものであればあらかじめ自分で箱に入れておいたり袋に包んでおいたりする。

 

そのため、引っ越しをする日程が決まったら、その日から新聞紙をたくさんためておくと良いです。

 

そうすれば、専用の資材などを買わなくてもその新聞紙でワレモノを保護することができるのでコストがかかりません。

 

あとは、高級品などは必ず業者にあらかじめ申告しておくことが重要だと思います。

 

そうすれば業者はそれを持ち運ぶ時に特に注意を払って持ち運びしてくれます。

 

高級品に限らず、丁寧に持ち運びしてほしいものがある場合はあらかじめ業者に申告しておくととても安心できます。

 

自分で思っていたよりも荷物が多く、ダンボールを追加で届けていただくことになってしまいました。

 

引越しでは、自分の荷物を全部見ることができるので、断捨離のチャンスかなと思います。

 

大きな家具や家電も引越しの際に廃棄してもらうとお得なこともあるようなので、引越しの時には新しいものを揃えることよりも、今の荷物を整理し、いらないものを処分するのに良い機会だと思います。

 

あと、引越し繁忙期は見積が高くなり、また、家賃や条件も売り手市場になるので、春、秋は避けた方がいいと教えてもらいました。

 

進学、就職、異動の時期を避けることでコスト削減できるので、引越しのタイミングによっては、新しい家具や家電を買えるくらい、差額があるのかもしれません

 

引っ越し当日は、電気、水道、ガスの開通のタイミング、また荷物そのものが着くタイミング、自分自身が新居に到着するタイミング…様々なタイミングがあり、それらが決して計画通りのタイムスケジュールで行われるとは限らないので、トイレットペーパー・ティッシュ・冬の場合はホッカイロ、夏の場合はうちわは自分で持って新居に入る。

 

(以前、真冬の引っ越しの際、電気開通担当の方が大幅に予定時刻を遅れてとても寒い思いをした経験があります)

 

段ボールには、1至急必要なもの、2近日中に必要なもの、3すぐには必要ではないものを書き、番号順に分けて部屋に置いてもらう。

 

細々したものから箱に詰める。

 

以前荷造りが間に合わなかったことがあり、その際フライパンのような大きな調理器具はその場で引っ越し業者の方が詰めて持って行ってくれました。

 

それ以来、細々したものや私的なものから荷造りすることにしています。

 

大きめのものは当日その場でもなんとかなるかも。

 

引っ越しをする時は前もって作業をする事をお勧めします。

 

いるものいらないものをじっくり考える時間があったほうが、確実にものを整理できるからです。

 

当日にバタバタと作業をして、実際いらないものでも念のため持って行っちゃえ!と思って引っ越しの荷物が多くなり、さらに引っ越しが完了した次の日にすぐ捨てる…なんて事も結構ありました。

 

なので、前もっていらないものはきちんと捨てて引っ越しの荷物を少なくして作業をスムーズにする事が大事!

 

あとは引っ越しの会社の見積もりをいろいろ出してもらうこと。

 

会社によって曜日・時間帯で価格が本当にバラバラだったりします。

 

自分にあった会社をじっくりえらぶのも安心して少しでもやすく引っ越しができると思います。

 

靴、食器、フライパンなどは、今はそれ用のダンボールを貸してもらえること(もしかすると購入という形かも)が出来るので、そちらをおおいに利用したらもっともっと楽チンな引っ越しが出来たなぁと思いました。

 

他にも今はいろいろなオプションがあるので予算に合わせていろいろ組み合わせると引っ越しが身近なものになるのじゃないかなぁと思いました。

 

新聞紙やガムテープなどのゴミも出さずにECO的にもいいし、引っ越しってめんどくさいなー、憂鬱だなーと思うことも少なくなると思います。

 

あとやっぱり引っ越しの機会を通して思い切って断捨離するのがいいことだと思います。

 

言えば安くしてくれるところもあるので、一度交渉してみるのもいいかもしれません。

 

いずれ引っ越す予定のある方で現在賃貸に住んでいる方は、大きな家具は買わない方が良いです。

 

引越も楽だし、新居のイメージに合わなくて処分する羽目になったりするかも。

 

新居に住み始めて、いずれ使うかもとアパートで使っていたローボードや小さなテレビ台をクローゼットになんとか棚代わりにしたりしてましたが、5年たった今、結局一度も出されることなく、もういいかなとやっと処分しました。

 

まだ、小さなレンジ台が二階の寝室でオーディオの台代わりになっていますがまもなく処分予定です。

 

新居には作りつけのレンジ台があり、かつ新たに大きなレンジを購入して今までのレンジ台に入らなかったので二階にとりあえず置いていたのですが(笑)

 

段ボールの数によって値段が変わるので、なるべく自分で運べるものは運んでいます。

 

特に食器等はある程度普段使う物は決まっているので、大皿やフライパン、銀食器は早めに食器棚から段ボールに移しています。

 

あとは衣服を運ぶ時は燃えるゴミ等のゴミ袋に入れて持ち運びます。

 

よほどの事が無い限り衣服でゴミ袋は破れないし、終わったらゴミ袋をたたんでおけばまた使う事が出来るので、かなりの量の段ボール節約になります。

 

そして自分で運ぶ荷物の中に、水回りの掃除が出来る様に掃除セットも忘れず入れておきます。

 

あとは引っ越し業者に連絡を入れるのを早めにして、なるべく引っ越しシーズンは避けて自分の要望が通りやすい状況の時に手続を済ませます。

 

豆知識などは、ないのですが、引っ越しのさえ、物運びのときひとりでは到底無理なので、家族や友達など何人か集めて協力しながら運んだり、腰つかって物をもつと体力などが奪われることがあるので持ち方によってはすんなり持てるのでそこがコツですね。

 

腕の力でもつといいと思います!

 

物を運んだりもつ場合は、脇をあけて持つと疲れて重く感じてしまうので、脇をしめて持つと軽く感じますので、やってみてください!

 

引っ越し業者の方みたいに、チームワークが必要ですね。

 

引っ越し終わりのお礼の言葉は相手もいい気分になり、やったかいがあると想われるとおもうし、自分もいい気分になるのでちゃんと、お礼はあたりまえのことなので言いましょうね!

 

段ボールなどは、スーパーなどでキレイなものを貰えます。

 

(お菓子やペットボトル飲料が入っていたもの。)

 

引越をするときは、思いきって断捨離をすることが出来るチャンスなので、業者に日時指定をして焦ることなく、じっくり荷物と向き合えます。

 

引越業者に頼むより、自分で引っ越しをする時の方が余裕があるので、大型家具の中身は全部出して、吟味しながら箱に詰め、不要なものは部屋の角へやり、新居へ荷物を運び終わったあと、まとめてリサイクルショップに持ち込むなりして処分しましょう。

 

新居も、転居の可能性があるなら、ものを増やさないようにし、次回の引っ越しの際に手早く済ませられるよう梱包材料は保存しておくのもオススメです。

 

やはり見積は何社かしたほうがいいです。

 

私も何社かしましたがだいぶ違いますし、サービスも違います。

 

家族構成でも違いますが、やはり自分の車で運べるものは運んでしまい大きいものをトラックに乗せてもらうようにすると安く済みます。

 

あと重いものは最初に置く場所を決めておいて、当日業者さんがいるときに設置していただいた方がいいですよ。

 

後では以外に動かすのが大変なのと結構引っ越し当初はやることがたくさんなので最初に決めておいて細かいところは徐々に片付けをした方が、生活はすぐ始まるので

 

大変にならないかなと思います。

 

特に子供が小さいとなかなか片付けが進みませんよ。

 

できれば引っ越し前にしっかり引っ越し先の部屋の片づけ先を考えておいてくださいね。

 

引越しする際は、押入れにあるものからどんどん梱包していきますが、いつも収納は段ボールでひとまとめになるように日頃から収納しています。

 

また、断捨離を半年に1回くらいやっていれば、さほど荷物もかさばりません。

 

布団類は圧縮をかけて運びますが、案外圧縮袋の中に入るので、掛け布団類と枕は1セットずつ入れて圧縮してしまいます。

 

また、使い終わった圧縮袋は開いて、シンク下やゴミ箱の下などの汚れやすい場所に引いておくと掃除の時に楽です。

 

梱包した段ボールで、すぐ取り出す類のもの(小物や生活雑貨・食器など)の中には、必ずビニール袋を一番上に1枚しのばせておきます。

 

荷解きの時に必ずゴミは出ますし、その度に探すのは面倒なので、入れておくととっても便利です。