引っ越しの際に気をつけることはココだ!

引越業者選びは慎重に!

 

アート引越センター,気をつけること

引っ越し業者を選ぶとき、どんな点に気をつけて選んでいますか?

 

「荷物を壊されたくないし、知名度の無い業者は不安だから大手業者に依頼したい」

 

「ただでさえ引っ越しはお金がかかるから、なるべく安い業者を探している」

 

「仕事が忙しくて梱包や準備に時間がとれないから、いつもたいていお任せパックを頼んでいる」

 

「そもそもお金が無いし、知らない人が家の中に入るのがイヤだから、親と私で全て運んでしまう」

 

 

などなど、業者の選び方からプラン内容まで、人によって千差万別です。

 

もちろん何を重視して選ぶかは、ひとそれぞれだと思いますが、どなたにも共通する、引越業者選びに欠かせない重点ポイントを、3つご紹介します。

 

 

1.自分の荷物量にあった業者を選ぶこと

 

意外かもしれませんが、大手業者には単身パック、単身プランが存在しない業者もあります。
単身者向けの引っ越しを請け負わないと言うことでは無く、専用のプランが無く荷物量で純粋に計算されるという意味です。

 

軽トラ1台でも余るくらい荷物が少ない場合は、こうした業者に依頼するよりも、コンパクトなコンテナで運ぶ単身パックプランを用意している引越業者に依頼した方が、当然ですが料金は安くなります。

 

 

また逆に、赤帽などのように小さなトラックで小回りよく運ぶような業者は、家族での引っ越しなど大荷物の場合にはトラックを複数台手配することになるなど、家族向けの引っ越しに向かない業者もあります。
この場合は当たり前ですが、大型のトラック1台で運んだ方が、運転手やその他のコストも含めて安くすみますよね。

 

 

このほかにも学生さん向けの格安プランを実施している業者や相乗りプラン(他の引っ越し予定者の荷物と一緒に運ぶことで安くなる)を提供している業者もあります。

 

 

基本的なことですが、万人にとって安い会社というのは存在しません(無くも無いですが安かろう悪かろうの可能性が高いです)。

 

ですが、あなたの荷物量ならここの会社のこのプランが最適サイズ、といったようにあなたにとって最も相性のいい、最適なプランのある業者は、確実に存在します。

 

運ぶ荷物量にあった業者に依頼することで、コストパフォーマンスのいい引っ越しが出来るわけです。

 

 

 

2.引っ越しする地域、移動距離を考慮して業者を選ぶこと

 

引越業者には、全国展開をしている大手業者と、特定の地域に強い、地域密着型の業者があります。
引っ越しをする距離によって、これらの業者は明確に料金が違ってきます。

 

 

たとえば、北海道から東京に引っ越しをするのに、北海道地域限定の業者に依頼するとどうなるでしょうか?

 

この場合

 

アート引越センター,気をつけること

A.そもそも引っ越し依頼を受け付けてくれない

 

B.頑張って東京方面まで荷物を運んでくれる

 

C.提携業者にバトンタッチする形で受け付けてくれる

 

 

のいずれかになります。

 

基本的にAのパターンは少なく、BかCのパターンになるのですが、これ、いずれにしろ料金は割高になります。

 

なぜなら、Bのパターンだと、完全にあなたの引っ越しのためだけに東京まで行くので、帰りの分の交通費や作業員の拘束時間も見積もりに入れないと採算がとれないですし、Cのパターンにするなら、提携業者への支払いが発生するからです。

 

 

これが、北海道にも東京にも営業所があるような、全国対応の引越業者だとシンプルです。

 

依頼を拒否されることはまずありません(繁忙期で混雑している場合は別ですが)し、途中で荷物を提携業者に渡す必要も無いため、余分な料金が発生することもありません。

 

(ただ、途中で荷物を入れ替えることはあります。北海道の営業所のトラックで青森まで運んで、そこで本州の営業所トラックに載せ替える、などですね)

 

引っ越しの移動距離が長距離になる場合は、やはり全国展開をしているアートやクロネコ、日通などの業者に頼んだ方が安心です。

 

 

でも逆に、同一県内で引っ越しする場合や、数キロ離れたぐらいの近距離引っ越しの場合はどうでしょうか?

 

この場合は、その地域に強い地方業者の方が安くなることが多いです。

 

なぜなら、彼らはその地域密着で営業しているので、その地域内での引っ越しは得意分野だからです。

 

営業所の数も、全国展開している大手業者は全国に分散させているため、あなたの引っ越し先に近いところに営業所があるとは限りませんが、地域密着の業者であれば、おそらくその地域内にアクセスしやすい近場に、いくつも営業所があるはずです。

 

さらに、その地域に密着して営業しているような業者ですから、その地域内で引っ越しする人は非常にありがたいお客さんなわけで、サービスや値引きなども積極的に行ってくれます。

 

自分の引っ越しが近距離か長距離か、またその地域に強い業者が居るかどうかで、引越業者の料金差も大きく開きます。

 

近距離での引っ越しの場合、安易に知名度などで選ばずに、必ず距離に見合った業者選びをしましょう。

 

 

 

3.キャンペーンが意外と侮れない

 

引越業者では顧客獲得のため、定期的にキャンペーンを行っています。

 

見積もり依頼でプレゼント(お米や粗品など)がもらえるパターンから、学生向け値引きや単身者向け値引きなど、特定の利用者の料金を値引きするキャンペーンなど、業者によって内容も時期も違います

 

業者によっては、新規顧客開拓のため、赤字覚悟のキャンペーンを行うところもあるので、こうしたキャンペーンは見逃せません。

 

当然、対象やプラン、時期などが限定されてしまいますが、自分が対象にあてはまる場合には、非常にお得です。

 

 

結論:引越業者選びで失敗しないために

 

引っ越し業者というと、作業スタッフが荷物を運ぶだけなので、大手だから高い、中小だから安い、など、知名度くらいしか明確な価格差がないように感じてしまいますが、実はこうしたサービスの違いにより、料金に大きな違いが出ることがよくあります。

 

こうした業者の特性を知ることで、自分の引っ越しにはどういった業者が最適なのか、どういう基準で選べばいいのかが明確になるでしょう。

 

ただ、大手はともかく地域密着型の業者は自社ホームページなどが無い会社や、あっても簡単なサービス紹介しか無いケースもあるため、自身で業者候補をピックアップしたり見積もり依頼をするのは意外と骨が折れるものです。

 

アート引越センター,気をつけること

当サイトトップページで紹介しているような一括見積もりサービスなら、こうした地域密着の業者も全国的に網羅していますし、荷物量にあった見積もりプランや、そのときのキャンペーンを適用した価格を自動的に適用、提示してもらえるので、自分であちこち調べる手間が省けて時間と手間の節約になります。

 

引越業者選び、失敗したくは無いけれど、じっくりやりすぎると意外としんどいので、こうしたサービスを活用して見積もり依頼はさっさとすませて、届いた見積もりの比較や交渉に時間を掛けるのが、賢い業者選びの第一歩といえますね。

 

一括見積もりサービス経由であれば、ある程度値引きされた状態で見積もりが届きますが(合い見積もりになるため)、それでも不明な点や、交渉したいところがあれば、届いた見積もりを見比べながら(場合によっては営業マンに他社見積もりを提示して)交渉しましょう。